お葬式

         

父方の祖父が他界しました。
命日は6月8日。

ばたばたとしました。
うちは母親が祖母の介護の関係で動けないため、その分私が動くことに。
父の実家が徳山なので、新幹線でGO。
いつもは小田原から乗ってたので、必然的にひかりで新大阪か広島で1回乗り換え挟んでたんだけど、徳山に止まるのぞみがあるってことを知り、今回は品川から乗って徳山まで乗り換えなしで行きました。
楽すぎる・・・・・次回からコレにしようと心に固く決意した。

お通夜も滞りなく終わり、実感沸いてなかったのに、いざホテル帰って明日に備えて寝ようと思ったら眠れない。
結局一睡も出来ず告別式などなど。
後の事は父親(長男)と叔父さんに任せて、次の日の朝帰ることに。
でもやっぱり眠れなかった。
考えてみたら、ここまで自分に近い人が亡くなったのって初めてだったんだよね。
その前は曾祖母だったし。
もっといろいろ出来たのになぁ・・・って後悔。
なのでその分を祖母にしてあげようと思う。

お坊さんがすごく面白い人だった。
高いお布施を要求するとかいう噂のある人だったらしいけど、自分で確かめてないしね。
お通夜でお焼香の正しいやり方をしっかいそのしぐさの意味まで丁寧に説明してくださり。
その後の食事の時にはいろいろな質問にもやっぱり丁寧に対応してくれたり。
孫が私1人だからか、すごく構ってくれてお作法とかいろいろ教われたし。
そして「法名」をみんなで決めましょうってことでいろいろそこから話を盛り上げてくれたり。
精進落としの時もやっぱりいろいろ気を遣って、あんまりよく知らなかった父方の家系図とかをみんなでホワイトボードに書き込んでそれで盛り上がったり。
その際に私の母の方の家系には殆ど触れなかったり、×2の叔父さんにも触れず(苦笑)。
あくまで父方の葬儀っていう姿勢を崩すことなく気を遣ってくれるすごくいいお坊さんでした。

帰りの新幹線、ほぼ2日寝てない状態でついカッとなってのぞみグリーン車で帰りました。
反省はしていない。
グリーン車快適すぎた・・・・。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.